タグ別アーカイブ: こよみ

8月のおやすみ

stockhiroDSCF5331_TP_V

暑中お見舞い申し上げます。

今日で7月も終わり、毎日お暑いですね。

みなさま、いかがお過ごしですか?

これから8月となり夏真っ盛りですが、暦の上では既に土用の入り(7/20)は過ぎ、8月7日には立秋をむかます。

(土用は、季節の変わり目の18日間を言います。)

こんなに暑いのに秋ですか…と毎年思いますが、暑いからと言ってグダグダしたり、冷たいものばかりを摂ったりしないで今から養生しましょうね。

ってことなのだと、暑さが堪えるようになり、ようやく理解しました。笑

みなまさも、どうぞご自愛くださいませ。(^^)

夏のお疲れでお身体の調子が優れない方はお気軽にご連絡ください。

【8月のおやすみ】

毎週日曜、水曜

29日(火)は10時のみご予約いただけます。(午後は勉強会のためお休みをいただきます。)

ご予約・お問い合わせはこちら>>>

清明

IMG_1414

関東地方の桜も満開で春もたけなわな今日この頃。
みなさん、いかがお過ごしですか?

暦のうえでは晩春をしめす「清明」。
清明とは「清浄明潔」の略で万物がみな清らかで、明るく生き生きとしている、と言う意味です。
まさに春のイメージそのものですね。

こうしてブログで綴っているだけで、なんて清々しいのだろ!と思います。
心もウキウキして、体調も良く辛い肩こりとかも気にならなくて。
やっぱり春っていいね♪

と、言いたいところですが

この時期に現れるお身体の不調は全く逆でイライラしたり落ち込んだり首、肩こりが酷かったりするのです。

東洋医学の五行説では季節ごとに変動を来す「臓」があり、春は気血のコントロールをする「肝」がそれにあたります。
肝の働きに異常があると上にあげた症状のほかにも、ストレスに過敏になり気が滞り頭痛、目の充血、めまい、また気が消耗されて不足したりすると疲れやすくなります。

でも、せっかく迎えた春なので清々しく過ごしていただきたい♪
養生できます。

春の養生のポイントは
①老廃物を出しきる ②気血の巡りをよくする ③ストレスを溜めない
スッキリ感が感じられる軽い運動などがいいと思います。
ウォーキングとか。(^^)

入学式や入社式など新しいスタートの時期。
何か新しい事をはじめるのも良いですね。
そのためにも、まずは元気な身体づくりから始めませんか。(^^)

ご予約・お問い合わせはこちらです♪>>>

大寒

a1130_000408

年末年始の暴飲暴食&運動不足が祟っております。
現在、日に2食で養生しております、からりと治療院の伊藤です。
みなさん、いかがお過ごしですか?

年末年始、例年よりも暖かい日が続きましたが冬らしい寒さが参りましたね。
暦の上では、ぼちぼち春のようですが本格的に厳しい寒さが続くのは大寒(本日)から雨水(2/19)ごろまで。

それでも、春へ向けてお身体は準備を始めますよ。
春は、冬のあいだ寒さでギュっと縮こまった身体がムクムクとゆるみだすのですが、冬のあいだに養生を怠るとそれがスムーズにゆるみません。
それが、肩こり、腰痛、ひどいアレルギー症状がでたり、ぎっくり腰などになる場合もあり。
今から大事にして頂きたいと思います。

冬の養生のポイントです。
①冷え対策、②乾燥対策、③血行改善、④免疫力UP
そして、質の良い睡眠でゆっくりおやすみ下さいね。

まだまだ寒さが続きます。
どうぞご自愛ください♪(○命酒のCMか。笑)

【おまけ】
暦の七十二候では蕗冬華(ふきのはなさく)。
寒さの中でしっかりと芽吹く自然。
寒い寒いと言っていられませんね。
もう口癖になってますが。(^^;